埼玉県坂戸市の中屋-ナカヤ-グループの羽布研磨(バフ研磨)を説明・紹介します

ナカヤの羽布研磨(バフ研磨)のこだわり

鈑金製品の品質を高めます

羽布研磨(バフ研磨)をする事で、鈑金加工を引き立てるような外観に仕上ります。
仕上げ方には色々な手法がある為、品質のレベルに応じて対応します。

鈑金製品のあらゆる仕上げ加工が可能

羽布研磨(バフ研磨)の表面処理は、ステンレス#200、#400、#600、#800加工が対応可能です。
SUS(鉄)、アルミ、真鍮(しんちゅう)などその他多種類の材質も対応しておりますので御相談下さい。
ヘアライン加工バイブレーションなど特別な加工もお任せください。

ナカヤの鈑金製品は、見た目第一主義!

鈑金製品の外観仕上げで重要なポイントは、技術者のセンス。特にR仕上げと目通しにこだわりを持っています。
完成後の製品は、まるで初めから一体物で製作したかの様な高品質な仕上りとなります。

大事な納期のご相談は、丁寧に対応

納期厳守な案件も、まずはご相談ください。ナカヤグループでは大型フレーム(筐体)製作も行っておりますので、製品の大きさも幅広く対応。希望納期に近づける方法を、ご提案します。

出張作業、持ち込み作業どちらもOK!

持込不可能な筐体製品などございましたら、出張作業も承ります。
また、製品点数が少ない場合、製品の試作品から量産品まで対応しております。まずは御連絡下さい。

お客様への製作ご提案のサンプルです。
左の写真のように、定期的に鈑金・羽布研磨・塗装・多種類のサンプル製作課題に挑戦し技術追及をしています。

羽布研磨(バフ研磨)とは

羽布研磨(バフ研磨)加工によって、溶接接合部やステンレスの表面凹凸を平滑化し、光沢を得られ耐食性にも優れる加工です。
鏡面処理ヘアライン仕上げなど様々な仕上げ方法で、お客様の御要望に応じる事が出来ます。

羽布研磨(バフ研磨)作業前の溶接個所
羽布研磨(バフ研磨)作業後の溶接部分。きれいな仕上がりとなります。
羽布研磨(バフ研磨)製品のご紹介 >>

お問い合わせは、メールでお気軽にお問い合わせください。営業時間 8:00-17:00【土日・祝日除く】

メールでのお問い合わせはこちら